難聴・聴力低下・耳鳴、顔面紅潮・発汗の問題について

難聴・聴力低下・耳鳴、顔面紅潮・発汗

聴覚の異常

 

音を感じる内耳の障害で聞こえが悪くなる

耳から入った音(空気の振動)は、外耳道を通って鼓膜をふるわせ、
中耳の耳小骨を経て内耳に達し、蝸牛のリンパ液を振動させます。
この振動は、蝸牛の感覚細胞で電気信号に変換され、
聴神経を通って大脳に達し、初めて音として知覚されます。

 

難聴は、この音が伝わる道すじのどこかが障害されることによって起こります。
臨書される部位により、外耳や中耳など音を伝える部分の障害で起こる伝音難聴と、
内耳から大脳までの音を感じる部分の障害で起こる感音難聴に大別されます。

 

感音難聴の原因はさまざまですが、薬の副作用で内耳(蝸牛)に障害が起こり、
聴力低下をまねく場合を薬剤性難聴といいます。

 

 

左右両耳に同時に起こり、高音域の聴力低下で始まる

薬剤性難聴を引き起こす代表的な抗がん剤としては、シスプラチン、
カルボプラチン、ネダブラチン、パクリタキセル
などが知られています。

 

難聴の起こる頻度は、薬の一回投与量の多い場合と、総投与量に関係するといわれています。

 

難聴は、左右両耳に同時に起こり、初めは高音域の聴力低下がみられます。
徐々に低音域の聞こえも悪くなっていきますが、もともと聞こえにくい高音域で始まるため、
自覚症状が出たときには、すでに難聴が進行していることも少なくありません。

 

また、蝸牛の平衡感覚をつかさどる細胞にも悪影響が及ぶため、
難聴や耳鳴りのほかに、めまいや吐き気などをともなうこともあります。

 

 

予防と早期発見が大切 前兆の耳鳴りに要注意

いったん難聴になると回復が望めないケースもあるため定期的な聴力検査を受け、
予防と早期発見を心がけることがが大切です。

 

また、前兆として耳鳴りがあらわれることが多いので、
聴力の低下を引き起こしやすい薬を使用している間は、
耳鳴りの起こり方にも注意して、担当医師との連絡を密にしておきましょう。

 

聴力の低下がみられた場合、薬剤の減量または変更、場合によっては中止が検討されます。
治療には、必要に応じてステロイド剤やビタミン薬、
代謝賦活薬、血管拡張薬などが用いられます。

 

 

ほてり・のぼせ

 

ホルモン剤の副作用で自律神経に乱れが起こる

ほてりやのぼせは、血管の運動が一時的に不安定になり、
拡張した血管に血液が大量に流入するために起こります。

 

顔が急にカーッと熱くなって汗をかき、そのあと冷えを感じることもあります(ホットフラッシュ)。

 

これはホルモンバランスの乱れによって、自律神経が正常に機能しなくなることが原因です。
更年期障害の代表的な症状の一つとされていますが、男女を問わず、
がん治療などで行なわれるホルモン療法の副作用として起こることが知られています。

 

 

症状をやわらげるには

  • 首まわりに冷たいタオルや、冷湿布を当てる
  •  

  • ぬるめの風呂にゆっくり入り、ボディパウダーや制汗スプレーで発汗対策
  •  

  • 寝るときは、吸湿性のよい下着やパジャマを
  •  

  • 外出時は温度調節のできる服装で、扇子を携帯する

 

 

症状が強い時は医師に相談薬剤の変更で改善も

通常、症状は数分間続き、これが一日に何回も起こります。
軽いほてりだけの人もいれば、強いのぼせと発汗に悩まされる人もいます。

 

ホルモン療法によるほてりやのぼせは、治療が終われば起こらなくなります。
また、からだがホルモンバランスの変化に順応すれば、自然に消失することもあります。

 

症状が強い場合は、医師に相談しましょう。
ほかの薬剤に変えることで副作用が改善することもあります。

 

漢方薬やアロマセラピーを活用したり、カウンセリングを受けている人も多いようです。