抗がん剤の使用などの副作用の軽減には、この代替え医療はとても効果があると言われています。

がんの代替え療法とは

がんの治療方法は、西洋医学にのっとった方法が普通行われていますが、
代替え療法にも注目が集まっています。

 

そもそも代替え療法とはどのようなもので、本当にがんに効くのでしょうか。

 

代替え療法とは

代替え療法とは西洋医学以外の様々な療法をいいます。

 

その例として

 

伝統医学

漢方薬、鍼灸、アーユルヴェーダ等、古くから伝わる療法。

 

整体療法

マッサージ、指圧、カイロプラティック等

 

食事療法

健康食品、アロマテラピー、等

 

その他

催眠療法、気候、ヨガ等

 

これらの多くは、人間が本来持っている、自然治癒力を高めるための補助をするというものが多く、がんの治療でありがちな、抗がん剤による体力の低下、免疫力の低下を、改善するものとも言えます。

 

現代人の病気の多くは、日頃の生活習慣が原因の場合が多く、食事療法などに見られる生活習慣などの改善で病気そのものの改善を促す効果は考えられます。

 

 

がん治療における代替え療法

がん治療に於いての治療方法は、現在西洋医学にのっとったものが行われています。
多くの医師は、西洋医学以外の知識に乏しいケースもあり
あまり代替え医療に関しては、積極的に取り入れない傾向が日本ではあります。

 

アメリカのがん治療に於いては、代替え医療の研究も進められており
西洋医学の治療に於いての、副作用をカバーするということに注目をしており
実際の現場において、良い結果を得ています。

 

このような西洋医学を補うという形で並行して行う代替え医療のことを
補完代替え医療(complementary and alternative medcine (CAM))と称されています。

 

代替え療法で最も多くの患者さんが行っている健康食品の摂取で気を付けたいことは、がんの放射線治療などでは、かんに活性酸素を発生させ、がん細胞を攻撃せせるという形の治療方法ですが、ビタミンCなどの抗酸化成分のサプリ等を大量にとると、活性酸素の働きを弱め治療の効果を阻害するというものもあります。

 

がん治療による栄養不足を補うということでは、とても有用なサプリの摂取も場合によればむしろ悪いという可能性もあります。
この様なことも考えられるため、代替え療法を行う場合にも、必ず医師の相談に乗るようにしましょう。